よくわかる恐怖症

電話恐怖症について

電話恐怖症は電話に出ること、電話に出て話すこと、電話で話しているところを他人に見られたり、話を聞かれたりすることを極度に恐れてしまうことをいいます。

電話に出ることに緊張してしまう人は沢山います。しかし、そういった人たちが全て電話恐怖症かといえば、そうではありません。

電話に出ることを嫌だと思うことはよくあることですが、それを極端に避けようとしたり、電話に出れないことを苦に仕事をやめてしまったりといったことが電話恐怖症の場合はあるかも知れません。

電話恐怖症の場合、電話が鳴る音を聞いただけで恐怖心を感じ、息苦しさやめまい、動悸、冷や汗などの身体的症状がでる場合もあります。

電話恐怖症の人の例で、以前電話に出たときに社名を正しく言えなかったために、電話相手にそれをからかわれた経験があったという方がいました。

それ以降、電話に出るときにはまた社名を言い間違えてしまうのではないか、と心配になったり、電話に出ることを恐れるようになっていったのです。

これが習慣のようになり、電話恐怖症になった人に、社名を間違えないように練習したり、社名を電話に貼り付けておくといったアドバイスも効果がないとはいえません。しかし、それは根本的な解決策にはなりません。

電話に出るときに、「大丈夫、どもったりはしない。大丈夫」などと心の中で言ったりすることも恐怖心を逆に高めてしまうきっかけになってしまいます。