よくわかる恐怖症
よくわかる恐怖症 ホーム > 恐怖症の種類 > おなら恐怖症(ガス恐怖症)とは

おなら恐怖症(ガス恐怖症)とは

おなら恐怖症は人前でおならをしてしまうのを極度に恐れる症状が特徴です。おならをしてしまうのではないかと思ったりガスがお腹にたまってしまうことに不安や恐怖心を抱きます。

おなら恐怖症で悩む人はやはり男性よりも女性が多いといわれています。

おならは自然と出るものなのだから、気にしなければいい・・・とアドバイスする方も周りにはいると思いますが、おなら恐怖症(ガス恐怖症)はそれほど簡単な問題ではありません。

おなら恐怖症の原因って?

ではおなら恐怖症の原因は何でしょうか?それは人によって様々なのですが、本人が人前でおならをして恥をかいた経験があったり、他人がおならをしてしまったところを偶然見てしまい、自分だったら・・・と頭の中で想像してしまい、おならをすること、ガスがたまることを極度に恐れるようになることもあるようです。

おなら恐怖症ではない人にしてみれば、大きな問題ではないように感じるかも知れませんが、おなら恐怖症の方の場合、それが原因で人がいるような場所を避けるようになったり、人前に出ることを避けたり、場合によってはそれが人間関係に大きな影響を与える場合もあるのです。

おなら恐怖症の症状は、おならのことを意識すると、恐怖を感じたり、汗をかいたり、動悸やめまい、赤面などといったほかの恐怖症にも似た症状が出ることもあります。