よくわかる恐怖症

赤面恐怖症とは

赤面恐怖症は赤面症とも言われますが、対人恐怖症の症状の1つとして知られています。

人前に出ると、顔が赤くなってしまい、それが恥ずかしいと思ったり、他人に変に思われているのではないかと考えてしまうのが赤面恐怖症です。赤くなる場所は人によって違い、頬であったり、耳たぶであったりと様々です。

赤面恐怖症の場合、赤面を避けようと思えば思うほどに顔が火照ってしまいます。そのため、常に人前に出ることを避けようとしてしまい、日常生活に支障が出てしまうこともあります。

赤面恐怖症の誤解

赤面恐怖症の方の場合、赤面してしまうことに問題があると考えてしまう傾向があるようです。そのため、顔が赤くならなくなれば、赤面恐怖症から解放されるのに・・・と思ってしまいがちです。

しかし、赤面恐怖症の本当の問題点は顔が火照ることではありません。顔が赤くなってしまうことは程度の差があれ誰にでもあること。問題なのは、赤面してしまうことを極度に恐れ、他人を避けようとするその行動にあります。

赤面すること事態は生理現象の1つですので、病気でも何でもありません。